自分で気づきにくいすそわきがを見逃してはいけない

すそわきがと聞いて、最初に思いつくのは脇の下のあの独特な臭いではないでしょうか。しかし、すそわきがは脇の下のことではなく、陰部の周りからする臭いのことなのです。

あまり知られていない、このすそわきが、実は自分では気付きにくいと言う難点があります。特に女性ならデリケートな部分にはとても敏感なので、嫌な臭いに自分で気付いていても、人に相談するには勇気がいるものです。まず、すそわきがはなぜ発生してしまうのでしょうか。

それは、脇の下のわきがと同様で汗をかくことにより臭いの元が発生させられます。

ここが、女性なら皆経験のあるおりものなどとは違うことがわかります。すそわきがの原因のほとんどか優性遺伝であるようで、つまり持って生まれた体質なので仕方のないことなのです。しかし、なってしまった本人はとても不快ですし、周りの目まで気にしなければなりません。また、遺伝に限らず、不衛生や不摂生な環境が元で発生してしまう場合もあります。

まず、自分でも気付きにくい為、すそわきがでないかチェックしてみる必要があります。少しでもいつもと違うにおいがしたら、すそわきがである可能性があり一早く改善していかなければなりません。

すそわきがと汗の関係と普段の手入れ

ase

どのようにして、改善していくのかというと、すそわきがの原因は汗であること。その汗を拭き取る事が肝心になります。

まず汗をかきにくくするような通気性の良い素材のものや汗を吸収してくれる下着をつけることが大切です。そして、女性ならば生理前後のおりものや、また生理中など、雑菌などが繁殖しやすい周期があるので、重なるとより一層臭いは酷くなり、尚更気をつけていかなければなりません。できるだけ、清潔に保つように、毎日のシャワーはもちろんのこと、デオドラント効果のあるソープなど使用するのも良いでしょう。

そして、せっかく通気性の良いショーツを履いていても、おりものなどで汚れてしまっては元も子もないので、おりものシートなどで代用するのも肝心です。その他に、不摂生な食生活によって、すそわきがもなりやすいようです。欧米などで、わきがや、すそわきがが多くみられるのは動物性脂質のとり過ぎだからといわれています。

特に生理前など食欲増進してしまい、パンや甘いチョコレートなどが無性に食べたくなったりする女性が多くいるようなので、その点でも気をつけなければなりません。見た目をどんなに綺麗にしていても、臭いがあっては台なしなので、時には自分で自分の体のにおいをチェックすることも大切です。

また、これらのことを意識しても改善が見られない場合はビューホットなどの手術を受けるのも1つです。手術と聞くと抵抗を感じるかもしれませんが、最近では注射1本で匂いを抑えるものもありますので長期的に悩んでいる方は検討してみてはいかがでしょう?

わきがの手術の簡単な流れと注意したいポイント