無臭だったはずなのに出産後にすそわきがになってしまいました。

出産後の女性

もしかして自分は、すそわきが?って自覚したのは、産後1年を迎えたあたりでした。それまでは、そういうものって生まれつきのものだと思っていたんです。

少なくとも小さい頃の私は無臭でしたし誰からも指摘されたことがなかったので、なんとなく下着が臭っていたとしても「気のせい気のせい」とずっと思っていました。「ちょうど今日は汗をかいたし」とか「おりものの調子がおかしいのだろう」と自分に言い聞かせて。

でもその臭いはなんとなく汗の匂いではないことはわかっていました。時々ふわっと、昔ワキガの子の臭いを嗅いだ時のような感じがするなとは思いましたが、私は違う、大人になってから発症するわけがないとずっと思っていたんです。

本格的に始まったすそわきが

洗濯する女性

ある日、実家に帰った時に、妹から「ちょっとお姉ちゃんの下着が臭すぎて、一緒に洗いたくない」と言われてしまったのです。

少しワキガのような臭いがすると。実際私がブラジャーの臭いをチェックしたところ、ほんとに、そのまんまワキガの臭いで、、、。ショックでした。パンツの方も、ワキガというかオリモノの臭いと混ざって独特というか。いままで知らないで主人と仲良しをしていたなんて本当にショックでした。

早速病院に行ってみようと思いましたが、何科に行ったらいいのかわかりません。場所が場所だけに皮膚科も違うだろうし、婦人科でいいのかどうか。ネットで「すそわきが」について検索し、ヒットした美容皮膚科のようなところに行きました。

美容皮膚科ですそわきがを相談してみました

すそわきがに対応しているだけあり、先生も私のような患者に慣れていている感じで恥ずかしさを感じることなく相談できました。

先生曰く、小さい頃は無臭でも妊娠出産を機に、すそわきがやおっぱいのわきがを発症する人がいるようです。私もその一人だったのでしょう。根本的なものを治すのであればやはり手術になるようですが、勇気がいりますね。

食生活の改善をしつつ、こまめに患部を拭き取ることを心がけるようにし、まずは様子を見ることにしました。デリケートゾーン専用の石鹸も使ってみることに。

むしむしした空間がよくないようなので、デリケートゾーンの毛の処理もしてみようと考えています。まずはやれることをやって、最終手段として手術にしようかなと。

小さい頃は無臭だったので、まさか自分がこんな立場になるとはとショックでした。でも先生曰く、すそわきがはわきがと違って周りの人が気づくくらいの異臭は放たないとのこと。ちょっと救われましたが、やはり主人に辛い思いはさせたくないので、セルフケアを頑張っていこうと思います。