わきがの手術の簡単な流れと注意したいポイント

すそわきがの病態としては、デリケートゾーン(陰部)から特有な臭いがするフェノメノンでメディカルには「外陰部臭症」と言われています。

人体には大汗腺と休眠汗せんの2種類の汗腺があり、休眠汗せんから出る汗はたいていが水分で無臭です。大汗腺から出る汗も本来はだいたい臭いゼロなのですが、脂肪や尿素、アンモニアなど臭いのネタとなる構成物が含有されています。

大汗腺と休眠汗

この大汗腺が脂腺から分泌される脂肪族カルボン酸と一つになり、それを皮膚常在菌が分析することにより、特殊な腋臭になる状態がすそわきがの原因です。

わきがの手術の簡単な流れ

すそわきがの手術

    • telやメールを使用しクリニックで予約する
    • 診断とカウンセリング

カウンセリングはあなたのわきがの状態と苦悩について医師と話し合う重要な時間です。また、その医師やクリニックが安全性を認可してオペを委ねられるかチェックする一時でもあります。不明な点はきちんと尋ねてけりをつけましょう。パフュームや香気のあるヘアリキッドはつけないで行きましょう。

    • わきがオペの予約

カウンセリングをしてオペの訳合いや不明点、必要経費などがクリアーになり、オペを受けることを決定したのならオペの日時も決めるべきです。

    • わきがのオペ日にはオペ中に麻酔をします。
    • 後始としては、殺菌や抜き糸を実行したり、オペ後の過程を見極めます。

クリニックによりオペ後にトンがった部位の揉み治療などを実施しています。オペを実施するクリニックやオペ手段により主旨が異なってくるので、本当にオペを受ける人はクリニックでダイレクトに確かめましょう。

殆どの場合、リクエストすればわきがオペを受けれますが、疾病やコンセプションなどでわきがオペを受けることが無理な時もあります。次の実例にピッタリの人はわきがオペを受けれないこともあります。真っ先に医師と話し合いましょう。

  1. 真性糖尿病の人
  2. 心臓病の人
  3. 高い血圧の人
  4. 身重の人
  5. アレルギー体質の人
  6. 服薬している人

オペ前とオペ後の注意ポイント

次にオペ前とオペ後の注意点をご紹介します。

◯ オペ前の注意点

  • オペ前日はアルコールを回避しましょう。
  • オペをすると数日間フロに入れないので、オペ前にお風呂に入り体を清めておきましょう。

(オペ後にお風呂に入れるか、入れないかはオペ手段によって異なります。)

◯ オペ後の注意点

  • スポーツはせずに静穏にしましょう。
  • 脇の下は極力不動のままにしておきましょう。

わきがのオペをしたいのなら、最初にクリニックでカウンセリングを受けるべきです。
選んだクリニックが自分にピッタリ合わない時は、すぐにそこに決定せずに別のクリニックを探して新たにカウンセリングをうけると良いでしょう。

またオペの種類によって保険適応の可否が決まります。保険の適応に関してはこちらのサイトを参考にしてください。

自分にピッタリのわきが療治・オペ法を探して、あなたのわきがを改良しましょう。

すそわきが対策グッズの情報まとめ

イオンエチケット

イオンエチケットが選ばれている訳について

それは、電解還元性イオン水を使用していることです。

マイナスイオンをふんだんに含有した菌が培養不可能なpHのアルカリイオン水が用いられているので除菌効能が高く、バイ菌の蕃殖を阻止します。
また、お肌に接触した途端弱酸性に変化するのでデリケートゾーンにソフトなことが心嬉しいです。

◯ ノンアルコール・防腐剤未使用で安心・安全

デリケートゾーンの臭いが気になり過ぎて、制汗シートなどで拭き取る人もいるようですがデリケートな部位のみにいくぶん心配はあると思います。
イオンネチケットはノンアルコール・防腐剤未使用なのでスプレーした後にヒリヒリ感がありません。

男女問わずどちらも使用できどの部位にも使えます。
ピュアにバイ菌の殺菌や育種を防止もしてくれます。
また、デリケートゾーンのみじゃなく体中臭いの気にかかる部位に使うことが可能です。

さらに30日間の全額返金保証がついているので本当に臭いが消滅するかどうか、まずは試すことを推奨します。

この先寒い季節になると下着の上にストッキングやタイツ、ガードルなどを重ね着する人も増えます。

寒い時期は、必ず蒸れやすくなります。なので、今から早期対応策を打ちたいところですね。