わきがの手術の簡単な流れと注意したいポイント

すそわきがの病態としては、デリケートゾーン(陰部)から特有な臭いがするフェノメノンでメディカルには「外陰部臭症」と言われています。

人体には大汗腺と休眠汗せんの2種類の汗腺があり、休眠汗せんから出る汗はたいていが水分で無臭です。大汗腺から出る汗も本来はだいたい臭いゼロなのですが、脂肪や尿素、アンモニアなど臭いのネタとなる構成物が含有されています。

大汗腺と休眠汗

この大汗腺が脂腺から分泌される脂肪族カルボン酸と一つになり、それを皮膚常在菌が分析することにより、特殊な腋臭になる状態がすそわきがの原因です。

わきがの手術の簡単な流れ

すそわきがの手術

    • telやメールを使用しクリニックで予約する
    • 診断とカウンセリング

カウンセリングはあなたのわきがの状態と苦悩について医師と話し合う重要な時間です。また、その医師やクリニックが安全性を認可してオペを委ねられるかチェックする一時でもあります。不明な点はきちんと尋ねてけりをつけましょう。パフュームや香気のあるヘアリキッドはつけないで行きましょう。

    • わきがオペの予約

カウンセリングをしてオペの訳合いや不明点、必要経費などがクリアーになり、オペを受けることを決定したのならオペの日時も決めるべきです。

    • わきがのオペ日にはオペ中に麻酔をします。
    • 後始としては、殺菌や抜き糸を実行したり、オペ後の過程を見極めます。

クリニックによりオペ後にトンがった部位の揉み治療などを実施しています。オペを実施するクリニックやオペ手段により主旨が異なってくるので、本当にオペを受ける人はクリニックでダイレクトに確かめましょう。

殆どの場合、リクエストすればわきがオペを受けれますが、疾病やコンセプションなどでわきがオペを受けることが無理な時もあります。次の実例にピッタリの人はわきがオペを受けれないこともあります。真っ先に医師と話し合いましょう。

  1. 真性糖尿病の人
  2. 心臓病の人
  3. 高い血圧の人
  4. 身重の人
  5. アレルギー体質の人
  6. 服薬している人

オペ前とオペ後の注意ポイント

次にオペ前とオペ後の注意点をご紹介します。

◯ オペ前の注意点

  • オペ前日はアルコールを回避しましょう。
  • オペをすると数日間フロに入れないので、オペ前にお風呂に入り体を清めておきましょう。

(オペ後にお風呂に入れるか、入れないかはオペ手段によって異なります。)

◯ オペ後の注意点

  • スポーツはせずに静穏にしましょう。
  • 脇の下は極力不動のままにしておきましょう。

わきがのオペをしたいのなら、最初にクリニックでカウンセリングを受けるべきです。
選んだクリニックが自分にピッタリ合わない時は、すぐにそこに決定せずに別のクリニックを探して新たにカウンセリングをうけると良いでしょう。

またオペの種類によって保険適応の可否が決まります。保険の適応に関してはこちらのサイトを参考にしてください。

自分にピッタリのわきが療治・オペ法を探して、あなたのわきがを改良しましょう。

すそわきが対策グッズの情報まとめ

イオンエチケット

イオンエチケットが選ばれている訳について

それは、電解還元性イオン水を使用していることです。

マイナスイオンをふんだんに含有した菌が培養不可能なpHのアルカリイオン水が用いられているので除菌効能が高く、バイ菌の蕃殖を阻止します。
また、お肌に接触した途端弱酸性に変化するのでデリケートゾーンにソフトなことが心嬉しいです。

◯ ノンアルコール・防腐剤未使用で安心・安全

デリケートゾーンの臭いが気になり過ぎて、制汗シートなどで拭き取る人もいるようですがデリケートな部位のみにいくぶん心配はあると思います。
イオンネチケットはノンアルコール・防腐剤未使用なのでスプレーした後にヒリヒリ感がありません。

男女問わずどちらも使用できどの部位にも使えます。
ピュアにバイ菌の殺菌や育種を防止もしてくれます。
また、デリケートゾーンのみじゃなく体中臭いの気にかかる部位に使うことが可能です。

さらに30日間の全額返金保証がついているので本当に臭いが消滅するかどうか、まずは試すことを推奨します。

この先寒い季節になると下着の上にストッキングやタイツ、ガードルなどを重ね着する人も増えます。

寒い時期は、必ず蒸れやすくなります。なので、今から早期対応策を打ちたいところですね。

遺伝とストレスで決まる「すそわきが」と臭いを抑えるグッズ

大好きな恋人とデートを楽しみたい。かわいい服を着て女子力も上々なのになんか気になる臭いを感じることが多くなってきたとお悩みのあなた。汗をかくと時に感じます。

すそわきがの女性

お酒を飲んだ後や匂いのきつい中華料理に韓国料理、イタリアン料理などで食べた後気になります。若い時20代までは全く気にならなかったのに、なぜでしょう。

すそわきがの原因

  1. 遺伝
  2. ストレス

1.遺伝  

お父さんお母さんのにおいが気になったことがありませんか?特にお母さんのにおいです。女性が化粧をして香水をするを理由はここにあるのだと思います。

女性は生理という特有の習慣と女性ホルモンを分泌するうえでデリケートソーンがにおいます。しかも下着類が汗のために湿った状態になることが多く細菌もできやすくなります。

汗をかくために人の体には2種類の汗腺があり、異性を引き寄せるためのにおいを出す汗腺をアポクリン汗腺といいます。この汗腺だけでは特有の臭いは出ません。アポリンク汗腺に付着した細菌が原因で発生されるのです。アポクリン汗腺は持って生まれあものなので解消するには除去する以外ありません。

2.ストレス

社会に出ていればストレスを感じるのが常でしょう。ストレス発散に煙草を飲んだりお酒などのアルコール類、匂いのきついものを食べて発散すると臭いの原因になります。大切な彼氏に合う時にはなるべく控えたほうがいいでしょう。アルコールは主に洋酒、ビールなどがアポクリン汗腺を刺激します。ニンニクやトウガラシも刺激を与えます。

すそわきがの臭いを抑える注意点

すそわきがの臭いを抑えるのに考えられることといえば汗をかかないことと細菌の除去と清潔です。

すそわきがの女性

だからといって市販の腋臭消しのクリームや普通のボディソープなどではデリケートゾーンの臭い予防にはならないそうです。なぜなら、元々肌はごしごし洗うものではないしまして陰部を石鹸で洗うことは善玉菌まで落としてしまいます。ソープタオルなどは使わず指でなぞりながらゆっくり丁寧に洗っていきます。

脱毛を考える人も多いです。デリケートゾーンの毛をすべて抜いてもアポクリン汗腺は減りません。多少のムダ毛は抜くほうが良いと思いますが細菌を除去する効果はないでしょう。

暴飲暴食お酒の飲み過ぎ臭いの強いものの食べ過ぎは注意が必要です。おなかの臭いを消すガムやグミでは汗腺の臭いは消えません。たばこの吸い過ぎも気を付けます。

トイレ洗浄機は避けることをおすすめします。トイレ洗浄機はご自宅で使う分にはいいのですが洗浄部分を常に洗っておく必要もあり誰が使っているのかもわからないのでデリケートゾーンの臭いを気にするなら使わないほうがいいでしょう。

すそわきがの臭いを防ぐグッズ

  1. デオドラントクリーム
  2. デリケートゾーン専用石鹸
  3. 布ナプキン

1.デオドラントクリーム

おしゃれな高齢の方がよく宣伝されているデオドラントクリーム。市販の薬は腋臭や頸回りなどの臭いを防ぐ薬でテレビなどでの通販ショッピングなどで購入する方法が以前から取り入れられています。処方箋専用の薬屋さんなどでは小瓶に目立たないように売られていることがありますので、介護などをされている方には一緒に買うことがおすすめです。

2.デリケートゾーン専用石鹸

最近通販などでいろいろなデリケートゾーン石鹸が売られています。いくつになってもおしゃれを楽しみたい女性が増えてきています。でも同じ悩みを多く持っています。市販された石鹸では臭いをとることができないので殺菌効果のある専用石鹸を選びます。洗い方は前の方からゆっくりと洗い陰部肛門と続いて洗います。

3.布ナプキン

生理中にはどうしても湿ってしまうデリケートゾーン。夏場は特に最近が発生しがちです。そこで、布ナプキンをおすすめします。え??と思われるかもしれません。でも汗や蒸れを防ぐには紙ナプキンよりも効果があります。一度試させると布ナプキンが経済的にも役立ちます。

男の人の彼女の悩み「あそこの臭い」が圧倒的だそうです。大好きな彼に嫌われないためにもちょっと値段が張っても通販で石鹸とクリームを使って内面からも女子力をアップしたいですね。

わきが・すそわきがの原因は?ケア?何をすればいいの?

デリケートゾーン、年齢問わず女性には悩みの種です。

夏場は特に脇、汗、ムレムレしてにおいが気になしグレーの服などは汗じみが気になってきれないなぁって考える人多いとおもいます。わきが・すそわきがのにおいの原因、ケアはどのようにすればいいか紹介しましょう。

すそわきがの原因は何?

すそわきがの原因の図

  • ・脇(わきが)の原因

脇には汗を出すエクリン腺、アポクリン腺という二つあります。それが、運動をしたり夏場はじっとしているだけでも汗をかきますよね。

その汗は、水分を体が出そうとする働きなのでにおいはしないはずなのですが、疲れる事をしたりストレスがすごいとその汗がにおいが変化して臭くなるそうなんです。

激しい運動をすると特に甘酸っぱにおいがしますよね。そういう激しい運動が汗のにおいの原因があるのかもしれませんね。

  • ・デリケートゾーン(すそわきが)の原因

細菌からくるものは、自己では無理なので病院で直される方がいいと思います。においが、凄かったりおりものなどひどい場合は検査をした方が安心できますよね。

脇同様デリケートゾーンもあせをかきます。その原因は、アポクリン腺がありその汗からのにおい、雑菌が繁殖してにおいの原因になるのです。女性は、生理があるのでそれもにおいの原因になりますよね。

すそわきがのケアはどうする

すそわきがのケアの図

  • ・脇(わきが)のケア

汗をかいたらすぐ拭き取る、洗い流すのがにおいの元をなくす方法の一つです。

そのほかは、スプレータイプ、塗るタイプ、ウェットシートなどのデオドラントを使用していつでもサラサラにして汗をかいてもいいにおいで保つ方法もあります。(ワキガなどの場合は、自己では無理なので病院に行って相談をするのがいいですね。)

  • ・デリケートゾーン(すそわきが)のケア

一番は、脇同様洗い流すのが一番だと思います。いまは、デリケートゾーン用の洗剤があるので自分に合うものを選び使用するといいと思います。

外出先では、ムレムレしても対処出来ないと思いますが今は色々なものがあるのでそれを活用すれば1日快適に過ごせそうですね。

生理の場合は、ビデを活用してこまめにナップキンを交換し1日の終わりのお風呂で洗い流すが一番のケアになると思います。1日の疲れを落とすのに、お風呂は大事だと思います。

毎日快適に過ごすには、においの変化に気をつけながらケアにも工夫をしながら負担にならないようにするのが一番ですね。ストレスが一番のにおいの原因になるから自分に合わせケアを。

すそわきが対策から切らないビューホット治療を決意

私のすそわきがが本格的になってきたのは高校生の時です。下着がいつも嫌な臭いになってしまうので、ずっとパンティライナーを使っていました。

もちろん普通のわきがもあるのですが、そちらは制汗剤を使ったりしていましたね。幸いにも制汗剤を使っている学生が多かったので一日に何度もやっても怪しまれることはありませんでした。

しかし、デリケートゾーンとなるとまさか足を開いてスプレーするわけにはいきません。スプレーもトイレでやると目立ちますのでウェットティッシュで拭き取ったりしていたのですが、この時気をつけて厚みを持たせないと手まで臭くなってしまうんです。

大学生になってからはいわゆるデリケートゾーン用の石鹸を色々使ったり、オーガニックやハーブなどに興味を持つようになりました。

普通の制汗剤と違って、ハーブやアロマオイルを薄めた物の方が自然な臭いなんです。

ハーブやアロマオイルですそわきが対策

アロマ

わきがは非常に独特な臭いがするのですが、ハーブ系の香りだとうまくごまかせます。毎晩しっかり石鹸で洗って、朝起きたらシャワーでさっと流します。

そしてパンティライナーにはアロマオイルを薄めたものを少し垂らしておいて、日中に臭いが気になるようになったらパンティライナーとアロマオイルの取り換えだけではなく、汗ふきシートで拭いていました。

段々とこういった処理にも慣れてきてはいたのですが、その一方で困っていたのが恋人に近寄れないということです。

高校生の頃から3人の男性と交際したのですが、キスをするのが精一杯。デートも頻繁にトイレに行きますし、何しろ臭いが気になってしまって全然楽しめません。それが理由で恋人と別れた時、このままずっとこの臭いを気にして生きていくのかと絶望しました。

しかし、それが手術を決意させるきっかけにもなりました。

ビューホット治療で切らないすそわきが治療

ビューホットの説明

出典 わきが・多汗症なら安心・安全のガーデンクリニック

すそわきがの手術ですが、切らない手術もあります。レーザー治療やビューホット治療という治療方法です。

私は再発しても良いので切らない方を選択しました。やはり体にメスを入れるのには抵抗があったからです。

ビューホット治療をおこなった結果ですが、手術から3年ほど経ちましたがまだ気になる臭いは出てきていません。今後再発したとしても、気にならない生活が手に入るのであればお得だと思っています。

幸い今の恋人は医療関係の仕事をしている人ですそわきがのことも知っていますし理解がありますので安心です。何より、何も気にしないで素直に近寄れるだけで幸せで心が満たされます。

無臭だったはずなのに出産後にすそわきがになってしまいました。

出産後の女性

もしかして自分は、すそわきが?って自覚したのは、産後1年を迎えたあたりでした。それまでは、そういうものって生まれつきのものだと思っていたんです。

少なくとも小さい頃の私は無臭でしたし誰からも指摘されたことがなかったので、なんとなく下着が臭っていたとしても「気のせい気のせい」とずっと思っていました。「ちょうど今日は汗をかいたし」とか「おりものの調子がおかしいのだろう」と自分に言い聞かせて。

でもその臭いはなんとなく汗の匂いではないことはわかっていました。時々ふわっと、昔ワキガの子の臭いを嗅いだ時のような感じがするなとは思いましたが、私は違う、大人になってから発症するわけがないとずっと思っていたんです。

本格的に始まったすそわきが

洗濯する女性

ある日、実家に帰った時に、妹から「ちょっとお姉ちゃんの下着が臭すぎて、一緒に洗いたくない」と言われてしまったのです。

少しワキガのような臭いがすると。実際私がブラジャーの臭いをチェックしたところ、ほんとに、そのまんまワキガの臭いで、、、。ショックでした。パンツの方も、ワキガというかオリモノの臭いと混ざって独特というか。いままで知らないで主人と仲良しをしていたなんて本当にショックでした。

早速病院に行ってみようと思いましたが、何科に行ったらいいのかわかりません。場所が場所だけに皮膚科も違うだろうし、婦人科でいいのかどうか。ネットで「すそわきが」について検索し、ヒットした美容皮膚科のようなところに行きました。

美容皮膚科ですそわきがを相談してみました

すそわきがに対応しているだけあり、先生も私のような患者に慣れていている感じで恥ずかしさを感じることなく相談できました。

先生曰く、小さい頃は無臭でも妊娠出産を機に、すそわきがやおっぱいのわきがを発症する人がいるようです。私もその一人だったのでしょう。根本的なものを治すのであればやはり手術になるようですが、勇気がいりますね。

食生活の改善をしつつ、こまめに患部を拭き取ることを心がけるようにし、まずは様子を見ることにしました。デリケートゾーン専用の石鹸も使ってみることに。

むしむしした空間がよくないようなので、デリケートゾーンの毛の処理もしてみようと考えています。まずはやれることをやって、最終手段として手術にしようかなと。

小さい頃は無臭だったので、まさか自分がこんな立場になるとはとショックでした。でも先生曰く、すそわきがはわきがと違って周りの人が気づくくらいの異臭は放たないとのこと。ちょっと救われましたが、やはり主人に辛い思いはさせたくないので、セルフケアを頑張っていこうと思います。